前へ
次へ


在学生(6生)への講演会

医師を取り巻く医療制度の方向性~専門医制度も踏まえて~
2018年11月27日(火)12:00~13:00
講師:厚生労働省 医政局 医事課長 佐々木 健氏(平成5年和医大医学部卒)



講演後もたくさんの学生が質問されていました


卒後20年の節目の同窓会・懇親会

和歌山県立医科大学 平成8年卒業同窓会

同窓会の意義とは何か?をこの機会に自分なりに考えてみました。
大学病院に長年勤務している私自身ですら同窓会に関しては今まで考えたこともありませんでした。
しかし、よくよく考えてみますと、人生の一番多感な6年間を過ごした和歌山県立医科大学は自身
のidentityでもあり、どこに行っても和歌山県立医科大学卒業という肩書は一生ついて回ることに
なります。また、仕事や社会において、何か自分達が主張していきたいような事案がでてきた際には、
同窓会の結束が必須となるのではないでしょうか。平成最後の年に同窓会を初めて開催できた意義は
大きく、思い腰を押して下さいました同窓会の関係者には感謝申し上げます。今後もこの企画が続い
ていき、同窓会が活性化していくことを祈念致します。  平成8年卒の同窓会報告  松田健司



第46回医療功労賞

医療功労賞  上野 半兵衛 先生(S54卒)

国保野上厚生総合病院 精神センター長


秋の叙勲

瑞宝中綬章  櫻井 武雄 先生(S38卒)

昭和48年 和歌山県立医科大学講師
昭和52年 和歌山県立医科大学助教授(外科学講座・胸部外科)
昭和61年 和歌山県立医科大学教授(紀北分院外科・兼外科学講座)
平成4年4月~平成16年3月 和歌山県立医科大学紀北分院長
平成16年3月 同退職、和歌山県立医科大学 名誉教授 授与
同年 さくらい乳腺クリニック 開業

旭日双光章  上林 雄史郎 先生(S46卒)

昭和58年 和歌山県立医科大学講師
昭和63年 上林神経内科クリニック院長
平成9年 医療法人清稟会理事長
平成14年 和歌山県医師会理事
平成29年 和歌山県医師会副会長

旭日双光章  乾 治郎 先生(S45卒)

昭和60年 乾医院開設
平成20年 和泉市医師会顧問
平成28年 大阪府医師会幹事
平成22年4月 至現在 日本医師会 代議員

ページのトップへ戻る